加東市 インプラント 津田歯科医院

加東市でインプラントなら津田歯科医院

8021

インプラントは入れ歯と違い自分の歯



インプラント歯科医院を選ぶ目安は埋入実績、ここで紹介する津田歯科医院は埋入実績600本以上

加東市でインプラントを検討しているあなたへお伝えします。インプラントをできる人はまだまだ少数派です。なぜなら、インプラントは、健康保険が効かないので、どうしても高額になります。高額を支払うことができるあなたは恵まれています。1本30万円、3本すると90万円必要です。

部分入れ歯やもっと大きな入れ歯をしている人は、インプラントをした方がいいと考えます。なぜなら、入れ歯のメンテナンスや違和感から解放されないからです。もちろん、インプラントでもメンテナンスは必要です。が、それはあなた自身がするのではなく、インプラント施術歯科医院で定期的にお願いするだけです。

でも、考えてみたら、入れ歯をしている人なら、入れ歯はある程度変える必要があり、その都度、歯科医院へ行ってレントゲンを取り、形を取り、作成してもらい、はめてもらう。健康保険が有効でも1万円くらいは必要です。時間とそれらの費用を考えると、インプラントは大いにありかと思います。

津田歯科医院は、兵庫県加東市で開業しています。
インプラントは600本以上の実績があります。




この4つの約束のおかげでインプラントの患者様が増えています。

当サイトからの電話でのお問い合わせで、通常2万円ほどかかる初期CT検査が無料で受けられます。





津田歯科医院のインプラント治療について
津田歯科医院では、600本以上の埋入実績がありますので、
安心してインプラントにのぞめると考えます。

インプラント治療は、1回につき、30分から1時間で
3ヶ月から半年くらいの治療期間が必要となります。

インプラントで治療した歯は自分の歯のように硬いものでも噛めますし、
入れ歯と違い取り外しがないため、硬いものや粘りのあるものも
安心して食事をすることができます。





虫歯や歯周病になって歯が無くなり
入れ歯になると、かみ合わせがよくなくなり
はめることも嫌がる人いらっしゃいます。

その点、インプラントだと口元を気にせず
会話を楽しむことができます。


インプラントは経験に裏付けされた
津田医院だから安心できます。











根っこの治療や、かぶせ物の土台を作るときに、目では見えない細かいところまでを
歯科用顕微鏡を使用して治療することを、津田歯科医院では行っております。
















患者様との徹底したカウンセリング
なかなか先生には話しにくいことも、女性スタッフがあなたの立場に立ち、
お話をお聞きします。









津田 宣志(つだ たかし)院長のプロフィール




2004年3月 大阪歯科大学 歯学部 卒業
2004年4月 歯科口腔外科・麻酔科 研修修了
2006年4月 尼崎市の歯科医院勤務
2007年4月 津田歯科医院 院長就任
2013年1月 津田歯科医院







インプラントの治療の流れ

インプラントの治療前のCT撮影を含む診査が無料で受けられます。
(2万円相当)




インプラント治療には、まず、精密検査が必要です。
顎の骨の状況で治療の内容や治療期間が変わってきますので、
それにつれて、治療費用も変わっていきます。

調べるのは、2つ
1.口腔内の状況(歯周病と虫歯)
2.骨の状態

から総合判断してインプラント治療ができるかどうか確認していきます。


>><<



津田歯科医院の動画をご覧ください





インプラント費用
インプラント治療
下顎奥歯1本の場合
治療費合計... 30万(税別)

2歯欠損、
インプラントで修復の場合
治療費合計... 60万(税別)

3歯欠損、2本のインプラントと
ブリッジ修復の場合

治療費合計... 70万(税別)

※ 患者様のお口の状態によって、費用が変る場合がございます。あくまで目安としてご理解下さい。

津田歯科医院の営業時間を休日

営業時間
月・火・水・金/9:30〜13:00 15:00〜19:00
土/9:30〜13:00 15:00〜17:30
休診/木曜・日曜・祝日

〒679-0211 兵庫県加東市上滝野835

JR加古川線 滝野駅 徒歩10分
旧175号線滝野郵便局南隣り
10台スペースあり


インプラントはどんな治療方法か
歯が抜けた後に人工歯根を埋め
その上に仮歯をかぶせるという治療方法です。

顎の骨があれば治療を行えるのです。


治療期間は、歯の状態によりますが、
10週間くらいと考えていいと思います。

インプラントには、チタンと言う材質が使われ
人間い取って完全に無害となっています。

手術は、無痛でやることになり
麻酔や抗生剤、痛みどめなど服用しますので、
手術中や手術後でもほとんど痛みを感じないで済みます。


インプラントはいつまでもつのか?
一度はめれば、一生そのままがいいですよね。
でも、そうはいきません。

食生活などの生活習慣等で大きく異なります。
ですので、完成後も定期的にメンテナンスは怠らないでください。


定期的にメンテナンスしていくと
一生ものとなる可能性は大きいのです。


>><<






加東市の近隣の加西市・西脇市・多可町・福崎町・神河町・市川町・朝来市・姫路市・加古川市・小野市の方々インプラントされるのであれば、津田歯科医院へお越しください。
駐車場を10台確保していますので、
お気軽にお越しください。

まずは、公式サイトの載っているフリーダイヤルで
ご予約お願いします。


インプラントの歴史は
インプラントの歴史はそんなに古くはなく、1940年代に研究が始まった。アメリカや欧米での研究が盛んとなりやがてチタン製のインプラントが出てきたのです。チタンは人間の体にフィットしメンテナンスによっては半永久に機能します。人口歯根、人口歯、人口歯をしっかり結合させる支柱からなるのがインプラントです。

日本ではまだまだですが、アメリカの歯科治療では、インプラントは当たり前のようです。入れ歯のように、かみ合わせがずれてきて噛みにくいとか、食べにくいなどがあまりありません。しっかり定着させるので、堅いものでも気にせずに噛めるところがいいですね。

虫歯や歯槽膿漏の為、歯を失った方へはインプラントお勧めいたします。ただし、健康保険対象外なので
自費診療となり、高額なのが残念で仕方ありません。

インプラントのメリットデメリット
デメリットについて
・値段が高い。(1本15万円から60万円ほど)
・口の中の状況でインプラントできない場合がある
・専門医ではないと、治療事故につながる可能性は排除できない

メリット
・健康な歯と見分けがつかない
・硬いものでも噛める
・治療期間は短い
・入れ歯の時に感じる違和感はない
・入れ歯と時と違い、人前大きく口を開けて笑うことができる。

費用はそこそこ掛かりますが、
メリットを考えると、決して高いとは言えない。
ただし、専門歯科医のところで施術してください。

インプラントは取り外ししませんので、
メンテナンスを怠らないようにお願いします。
メンテナンスを怠らなければ、半永久に使えます。

インプラントは安全なのか

インプラントは人の歯の骨に接ぎ木するように人工歯根を残っている骨につなぐ。そこに人口歯をかぶせるのです。極端に難しいものではないが知識や経験知の浅い歯科医ではやりきれないだろう。確かに、昔、インプラントの事故は起きているが、それから、技術も確実に進歩しているし、埋入実績を歯科医が増えてきています。

インプラントをするときは、すぐに施術するのではなく、必ず、カウンセリングの上、できるかどうか?と行われるかどうかを歯科医と患者双方で判断していきます。インプラントのメリットを考えるとおすすめしたい。

固いものを噛める幸せは他のものと代え難いですからね。


金属アレルギーでもインプラントは可能か

金属イオンが体内のタンパク質とくっついてアレルゲンと言うタンパク質に変化し、金属が触れる肌が炎症を起こすこと。主に、金属アレルギーを起こしやすい金属が下記の通りです。ニッケル、コバルト、クロム

インプラントで使う金属は、チタン。チタンは体にやさしいので、安心できると考えます。

金属アレルギーを持っているあなたでも施術は可能です。まだ、心配であれば、とことん専門歯科医にお聞きください。下記に全国のインプラント専門医ご紹介していますので、あなたのお近くのインプラント専門医をお探しください。

インプラントをする前に、からなず、無料のカウンセリングがあります。

インプラントの流れ
・無料カウンセリングを受ける
・初期診断で可能かどうか調べる
・可能であれば、歯根にパーツを繋げる
・その上に人口歯をかぶせる
・3ヶ月毎くらいにメンテナンス

一本、30万円くらいが相場です。もちろん、保険対象外ですので、すべて自費となります。


インプラントの手術時間

全身麻酔ではないので、あの骨を削る音がまる聞こえです。音を聞くだけで痛くなりそうですね。でも、その時間は長くありません。ので、安心して臨んでください。

関西のラジオのmcやアシスタントの方がインプラントの手術を受け、その様子をお話しされていました。骨を削る擬態音を聞くと、痛そうですが、部分麻酔しているので痛くない。

音から連想して痛みを感じるというようなことは言われていませんでした。

この手術を受ける前に、また事前にネットなどで質問等を広いだし書きだして、そしてまとめることもいいかもしれません。

ドクターにじっくり向き合い質問があればぶつけることが非常に大切です。丁寧にドクターが答えると考えます。

もやもやのままで手術を受けるようなことをなさらないでくださいね。あなた自分自身が納得してから手術を受けましょう。

インプラントは入れ歯と違い、メンテナンス次第では、一生ものですし硬いものも平気で噛めることが嬉しいですね。普通の抜歯とかとは大違いです。血液検査を行ったりします。

なので、歯科医院での外科治療と考えてください。

>><<




インプラントの費用は税額控除?

今の税法では、インプラントの治療費は、10万円を超えると10万円が控除となります。が、総所得が200万円以下の人は総所得の5%が限度なります。詳しくは国税庁の医療費控除のページをご参照ください。この医療費は、生計をいつのする配偶者や親族が1月1日から12月31日の間に支払った金額が対象になります。

また、インプラントは医療保険などの対象とはなりませんので、あらかじめご承知下さい。つまり、すべての費用は自己負担となるのです。なぜなら、医療保険の対象の保険事故は、治療を目的の医療が目的となるからです。

 

サイトマップ